スイーツギフト
チョコレートの贈り物のブログ画像スイーツギフト

チョコレートの贈り物のおすすめ&選び方をご紹介

普段のお礼や誕生日、お祝いやバレンタインデーにぴったりな「チョコレートの贈り物」をまとめました。

チョコレートは使える場面が多く、贈り物に悩んだときに便利なお菓子です。

また、1粒だけでなく、何個もチョコレートが入っているものが多いので、家族が多い人への贈り物にぴったり。

もちろん、小分けにすれば、一度にたくさんの人に贈り物をすることができます。

ただ、チョコレートは種類や値段、味などが数多くあるため、相手の好みに合ったチョコレートを贈るようにしましょう。

スポンサーリンク

チョコレートの贈り物の選ぶポイント

チョコレートの贈り物の選ぶポイントはこのようになっています。

  • 相手が好きそうな味を選ぶ
  • 渡す日と日持ちを確認する

また、チョコレートが苦手な方もいるので、贈り物として合うかどうか、事前にしっかりチェックしておきましょう。

相手が好きそうな味を選ぶ

チョコレートの贈り物のブログ画像

一口にチョコレートといっても

  • 甘いミルクチョコレート
  • ほろ苦いビターチョコレート
  • 甘酸っぱいイチゴチョコレート
  • お酒の入ったチョコレート

など種類は様々です。

贈り物をする相手の好みが分かるのがベストですが、わからない場合は、様々な味が楽しめるアソートタイプやチョコレートを使ったお菓子(クッキーやプリンなど)にしてみてもいいかもしれません。

渡す日と日持ちを確認する

チョコレートの贈り物のブログ画像

チョコレートの場合、賞味期限は比較的長めですが、生クリームなどを使うととたんに短くなります。

また、もらった相手もすぐに食べるとは限らないため、できれば賞味期限が長いほうが親切です。

さらに、チョコレートは溶けやすいため、真夏の贈り物には向きません。

そのため、

  • 保冷剤を付けて贈る
  • クール便などで、相手の家に直接配達されるようにする
  • チョコレートを使った焼き菓子にする

など工夫をすると親切です。

チョコレートの贈り物のおすすめまとめ

たくさんの人に渡すなら「コスパのいいチョコレート」

職場や学校など、一度に大勢の人に渡すのであれば、「コスパのいいチョコレート」を使うと費用を減らせます。

価格が抑えめでも品質が落ちているわけではなく、梱包の削減や訳ありで安くなっていることもあるので、見た目にこだわりが無い方に特におすすめです。

お酒好きに「お酒の入ったチョコレート」

チョコレートの中にお酒をほんのり混ぜたチョコレートは数多くあります。

そのようなチョコは見た目がおしゃれなものが多く、贈り物にぴったり。

相手のお酒の好みがわからない場合は、「グランプラス チョコレート専門店」さんの「トリュフアソート 24個入」など、様々な種類のお酒入りチョコレートがアソートになっているものもおすすめです。



また、それとは別に「お酒に合うチョコレート」もあるので、お酒と一緒にプレゼントするのも1つの手ですね。

糖質を気にしている方に「低糖質スイーツ」

甘いものは好きだけど、ダイエットをしている」という方には低糖質のスイーツがおすすめ。

完全に糖質カットすることは難しいですが、かなりの量の糖質カットを実現しているチョコスイーツは数多くあります。

受け取った相手が「甘いものだから」と嫌がらないためにも、事前に低糖質であることを伝えることがポイントです。

上司や先輩には「高級チョコレート」

目上の方など、しっかりとしたチョコレートを贈りたい場合は高級チョコレートがおすすめです。

高級ブランドのチョコレートであれば、味が美味しいのはもちろん、パッケージも華やかな物が多く、贈り物にぴったりです。

いつもと違うチョコレートなら「変わり種チョコレート」

例年とは違うチョコレートを贈りたい」「友チョコや義理チョコのネタにしたい」という場合には、変わり種のチョコレートを使うと盛り上がります。

珍しい味のチョコレートから見た目が本物そっくりで面白いチョコなど種類は様々。

相手によって、ウケが良さそうなのを選んでみましょう。

手作りで贈りたいなら「手作り風チョコレート」

手作りのチョコレートを贈りたいけど、作る時間がないor作るのが面倒くさい」という場合は、手づくり風チョコレートを使う手があります。

相手にバレてしまうリスクもありますが、チョコレート選びやラッピングを工夫すれば「意外とバレない」ということも多いようです。

タイトルとURLをコピーしました